不動産投資/アパート経営のご相談はFPグリュックへ!

「レバレッジ信仰」の真の正体とは? 〜不動産投資における“自己資金”の役割〜

「レバレッジ信仰」の正体とは?

「レバレッジ効果こそ不動産投資の醍醐味!」

 

不動産投資を語る時、そんな風に断言する人も多くいます。

 

その多くが不動産業者の営業マンか実際に賃貸経営をしたことのない人なのはご愛嬌ですが(笑)、この「レバレッジ効果」に対する過信は不動産投資の世界においてかなり浸透しています。

 

この状態は、もはや「レバレッジ信仰」と言っても過言ではないでしょう。

 

しかしその一方で、昨今の金融機関の情勢変化により、収益物件に対する融資基準はどんどん厳しさを増しています。

 

実際に「欲しい物件があるけど融資が通らない」という悲鳴があちこちで上がっており、そのために不動産投資自体を断念せざるを得ないというケースも目立ってきています。

 

中には手元に十分な資金を持ちながら、「借入ができないのであれば(レバレッジ効果が期待できないのであれば)、不動産投資はやらないほうが良い」という人もいますが、果たしてこの意見は本当でしょうか。

 

今回のコラムでは、自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、自己資金とリスクの関係を通して、「レバレッジ信仰」のホントのところを解説します。


レバレッジ効果は過大評価されている

まず確実に言えることは、現在の不動産投資の世界においてレバレッジ効果は過大評価されているという点です。

 

私のところに不動産投資の相談に来る人の中には、無邪気に「ローンは借りられるだけ借りた方がいいんですよね!」などと言う人もいて、その度に私はゾッとさせられます。そうした人はレバレッジ効果の良いところだけを聞いて、「借金の怖さ」を認識していないからです。

 

改めて、レバレッジ効果というものを考えてみると、そこに大きな二つの前提があることに気付かされます。

 

その二つの前提とは、即ち「高い利回り」「低い金利」。この二つが揃って初めて、レバレッジはその名の通り「テコの原理」の力を得ることができるわけです。

 

そのことを踏まえた上で、現在の不動産投資市場を見渡してみましょう。

 

アパートローンの「低い金利」はともかく、「高い金利」の物件はほとんど見当たりません。たまに目を引く利回りのものがあったとしても、それは再建築不可や借地権等のいわゆる“ワケあり物件”です。

 

例えば、表面利回り4%の物件を金利2%のフルローンで購入したとしたら、レバレッジ効果は期待できるのでしょうか。

 

両者の差はわずか2%。しかも4%はあくまで表面利回りですから、管理費や固定資産税などの経費を差し引けば、その差はほとんどなきに等しいと言えるでしょう。建物が目に見えないスピードでゆっくりと劣化していくことを考えれば、「テコの原理」どころかむしろ「逆ザヤ」と捉えるべきです。

 

文章にすると実に当たり前のことに聞こえますが、レバレッジ効果とは「借金をすれば良い」ということでは決してありません

 

「高い利回り」と「低い金利」の二つの要素が揃わなければそもそも「テコの原理」は働かず、ただ徒らに借金をしただけという状態になってしまうのです。


レバレッジの効かない借金は怖い!

率直に言えば、レバレッジ効果の期待できないアパートローンほど怖いものはありません

 

そんな条件であるならば、「不動産投資なんてやらないほうがいい」という意見にも頷けます。

 

しかしながら、「借金をしてまで不動産投資をするべきではない」という意見と「不動産投資自体が無意味」であることは本質的に別問題です。

 

不動産投資は世の中に数ある運用方法の一つにすぎません。

 

「不動産」という金融機関に対して担保価値を提供しやすいものを扱うためにレバレッジ効果と相性が良いというだけで、「必ず借金をして行わなければいけない」ということではないはずです。

 

むしろ月々のキャッシュフローを手にするのが目的であれば、借入金をなるべく減らして自己資金を多く投入する方法が有効です。借入金の毎月の返済額が少なければ少ないほど、手元に残るお金は自ずと多くなるからです。

 

先ほど例に挙げた表面利回り4%の物件も、借入なしで購入したのであれば立派な資産運用の選択肢となります。諸経費や税金を差し引いた後でも、少なくとも普通預金に貯金を寝かせておくよりはよっぽど効率のよい投資と言えるでしょう。


「レバレッジ」と「リスク」のどちらをとるか

不動産投資本や情報サイトを覗くと、レバレッジ効果の威力を声高に謳っている場面によく出くわします。中には「自己資金で不動産投資を始めるなんてバカな人がやること」といって内容まで目にします。

 

しかし、見方を変えれば「自己資金の多さは安定性の大きさ」というのは歴然とした事実です。自己資金を多く投入することでレバレッジ効果が薄れる分、「ブレ幅」という意味のリスクを抑えることができるのです。

 

その意味ではレバレッジ効果とリスクは「トレードオフ(二者択一)の関係」と考えることができるでしょう。全ての人にとっての正解があるわけではなく、どちらを重視するかでその人にとっての最良の選択肢は変わってきます。

 

理想を言えば、「高い利回り」と「低い金利」という二つの条件を実現した状態で、なおかつ自己資金を手元に残しておけるのであれば、“最高の不動産投資のスタート”と言えるでしょう。

 

現状でレバレッジ効果を享受しつつ、将来的に金利が上昇するようなことがあれば、その時点で手元の資金を投入して(つまり繰上げ返済をして)リスクを回避することが可能になるからです。

 

この場合の追加投入資金は、ブレ幅に対する“特効薬”になります。


借金への恐怖心をなくす魔法の言葉?

現在の不動産投資業界において、明らかに過大評価と言えるほどレバレッジ効果が喧伝されているのは、ひとえに物件を売りつけたい不動産業者の思惑に過ぎません。

 

平たく言ってしまえば、「手持ち金のない人に物件を買わせるための方便」。それがレバレッジ信仰の正体です。

 

誰だって借金はイヤなもの。それが何千万、あるいは何億という額であればなおさらです。

 

その借金への抵抗感を減らすことこそが、不動産業者がレバレッジ効果を声高に叫ぶ目的です。そんな彼らの思惑にまんまと乗っかって、後で痛い思いをするのは投資家である大家に他なりません。

 

既に触れたように、「高利回り」と呼べるような収益物件などほとんど見当たらないのが不動産投資業界の現状です。

 

そんな時期だからこそ、レバレッジ効果の正体を冷静に見極め、改めて不動産投資における“自己資金の役割”を見直す良いタイミングだと言えるでしょう。


(2019/6/19 文責:佐野純一)

よく読まれている人気ページ

著書のご案内

関連テーマの記事


〜マネー設計が開く、幸運のトビラ〜

「ファイナンシャルプランナー(FP)って何をする人なんだろう?」
「興味はあるけど何を相談したらいいか分からない…」
「お金の不安、誰に相談すればいいんだろう?」
「どんなことができるのか、まずはちょっと話を聞いてみたい」

 

そんなあなたのために“初回無料相談”を実施中です。

 

 

実際にコンサルティングをご利用いただいたお客様の声をご紹介しています。

 

アクセス数の多い記事




関連ページ

あっという間に「資産」が増える? 〜業者の謳い文句に騙されるな〜
不動産投資の煽り文句としてよく使われる「あっという間に“資産”が増える!」という言葉。これは“資産”という言葉を使ったある種のトリックです。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、資産の本当の正体に迫ります。
「利回り」の数字に騙されるな! 〜魅力的な数字の裏に潜む罠〜
運用において「利回り」は大きな要素ですが、不動産投資における利回りにはいくつかの種類があります。その違いと理解していないと「思ったより儲からないな…」という事態になりかねません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資の利回りを解説します。
サブリースのデメリットとは? 〜業者の都合で大家が損をするワケ〜
「安心」が謳い文句のサブリースに騙されて失敗する人が後を絶ちません。冷静に考えれば、その構造自体に大きな落とし穴があるのがわかるはず。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、サブリースのデメリットを解説します。
新築ワンルームマンションはなぜ失敗するのか 〜不動産投資デメリット総まとめ〜
新築ワンルームマンション投資で失敗する人は後を絶ちません。不動産投資で失敗する典型的な例とも言えるこの商品。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、新築ワンルームマンション投資の5つのデメリットを徹底解説します。
「金持ち父さん」は不動産投資本ではない 〜著名本から垣間見える真実とは?〜
「金持ち父さん」を読んで不動産投資を志したという人に出会うことがあります。しかし、あの本は本当に不動産投資を勧めているのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資家としてあの著名本の内容を解説します。
不動産投資は「自分年金」になるのか? 〜ハッピーリタイア目指すためには〜
“老後不安”が叫ばれる中、賃貸経営によって「自分年金」を生み出そうとする動きが盛んです。不動産投資は本当にハッピーリタイアのための最適な手段なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産投資やアパート経営のホントのところをお教えします。
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」 〜目的に合わせた使い分け方法〜
「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」。不動産投資には2種類の利益が存在します。どちらをより重視するかであなたの不動産投資の方法は変わってきます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その違いと考え方を解説します。
土地には4つの価格がある? 〜「一物四価」が示す不動産価格の決め方〜
一般的に「価格付けが難しい」とされる不動産。特に土地には「4つの価格」があると言われています。その違いとはなにか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、不動産の値段の決まり方を解説します。
収益物件の価格はどう決まる? 〜契約前に知っておきたい物件価格の求め方〜
不動産投資が失敗する大きな原因の一つが「売却損(キャピタルロス)」です。収益物件の値段とはどうやって決められるのでしょうか。それを知れば、不要な「売却損」を防ぐことができます。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、収益物件の価格付けを解説します。
良い収益物件の見分け方とは? 〜出口戦略から逆算する物件選び〜
賃貸経営を目指すものであれば、誰でも良い収益物件に巡り合いたいもの。しかし、「良い物件」とは誰にとっても同じではありません。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、“あなたにとって良い物件”とは何かを解説します。
実録!投資用マンション勧誘電話 〜敵を欺くにはまず味方から?〜
悪評高い新築ワンルームマンションの勧誘電話。無謀にも「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)に挑戦してきた担当者がいました。自ら賃貸経営を行う「現役大家FP」が、その実態を報告します。
「個人事業主」と「不動産投資」の相性は? 〜将来の不安を解消するために〜
不動産投資はサラリーマンのもの。そんな声がよく聞かれます。それでは本当に「個人事業主」と「不動産投資」は相性が悪いのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、個人事業主が行うべき不動産投資を解説します。
レバレッジ効果は諸刃の剣 〜フルローン信者が突き進む破滅への道〜
「レバレッジ効果」は不動産投資の重要な要素。うまく使いこなせれば大きな武器になりますが、逆に過信すると“巨大な敵”となって大家に襲い掛かってくることも。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、そうならないための対策を解説します。
賃貸経営で「セミリタイア」は可能か 〜サラリーマン大家が取るべき2つの方法〜
サラリーマン大家であれば誰でも家賃収入で「セミリタイア」を夢見ることでしょう。そういった成功談はよく耳にするけれど、果たして本当にそんなことが可能なのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、現実的な数字を使って解説します。
その空室対策、間違えていませんか? 〜賃貸経営改善のためにできること〜
「空室」は賃貸経営の最大の敵! これは全ての大家にとっての真理といえるでしょう。本当に効果的な「空室対策」とはどのように考えればいいのでしょうか。自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、空室対策のポイントを解説します。
“お宝物件”は本当に存在するのか? 〜不動産投資の前に知っておくべきこと〜
「お宝物件」と聞くと胸躍る方もいるでしょう。しかし、そんな夢のようなお宝物件は本当に存在するのでしょうか? そして、あるとしたらどこにあるのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、お宝物件の正体を解説します。
空室率50%の物件が満室になった話 〜家賃収入の“最大公約数”とは〜
大家業を行う上で一番難しいものの一つである「家賃設定」。高い家賃で貸したいのはもちろんですが、高い家賃が必ずしも正しいとは限らないというのをご存知でしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)」が、空室問題を解決するための“正しい家賃設定”を解説します。
不動産投資の上手な始め方 〜9割の人がスタートで失敗するワケ〜
世間からの注目が高い不動産投資。賃貸経営に興味を覚える人多い一方で、あまり成功したという話は聞きません。それもそのはず、実は不動産投資は9割の人がスタートで失敗すると言われています。「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、その理由を解説します。
アパートの売り方ご存知ですか? 〜収益物件を上手に売るためのコツ〜
「不動産を売るなら今!」と、収益物件売却を検討している方も多いはず。しかし、収益物件には収益物件なりの“売り方のコツ”があるのをご存知でしょうか? 「“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、あなたの物件の売り方を解説します。
「不動産投資」と「賃貸経営」の違いは? 〜二つの言葉にみる大家業の本質〜
「不動産投資」と「賃貸経営」。混同されて使われることの多いこの二つの言葉は、実は似て非なるもの。“お金の相談”の専門家」である「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」が、この二つの言葉を比較しながら“大家業の本質”に迫ります。
「かぼちゃの馬車」の魔法が解けたワケ 〜“高利回り”に潜む罠とは?〜
「かぼちゃの馬車」のブランド名で急成長したシェアハウスの運営会社が事実上活動停止となり、オーナーが悲鳴を上げています。不動産投資家の夢を乗せて走るはずの「かぼちゃの馬車」の魔法はなぜ解けてしまったのか。自ら賃貸経営を営む「現役大家ファイナンシャルプランナー(FP)」がその理由を解説します。
なぜ芸能人は賃貸経営をするのか? 〜彼らが“現状の先”に見ているもの〜
不動産投資をしている芸能人がメディアに登場することがあります。華やかな世界にいる彼らが、なぜ「賃貸経営」というある意味地味な商売に興味を持ったのでしょうか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、その理由を解説します。
アパート経営をやめたい人が急増中? 〜「正しい大家のやめ方」お教えします〜
「アパート経営をやめたい」。“不動産投資ブーム”と言われる一方で、実はそう考えている人も少なくありません。人も羨む大家業に何が起こったのか? 自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
アパートローンの基本を知ろう 〜不動産投資を“絵に描いた餅”にしないために〜
不動産投資につきものの「アパートローン」。その仕組みを知ることは賃貸経営成功への近道です。多くの人が気にするのが「金利」ですが、実はもっと大事なことがあります。自ら賃貸経営を行う「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、「アパートローンの基本」を解説します。
その土地の価値を決めるのは「道」 〜格安アパートにはワケがある〜
収益物件を探していると稀に不自然に安いアパートに出くわすことがあります。もちろんこうしたアパートは「お宝物件」ではなく、むしろ「ワケあり物件」と考えるべきです。収益物件に安い売値をつけるそのワケとは何か? 自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
「入居率99%」の広告はホントなのか? 〜不動産業者の“呆れた言い分”とは〜
「入居率99%!」 あなたもこうした不動産業者の広告を目にしたことがあるはずです。言うまでもなく、この広告は大きなウソ。そんな物件が簡単に手に入るのであれば誰も不動産投資に失敗したりしません(苦笑)。 自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、この広告のカラクリを解説します。
異なる間取りが混在するアパートの注意点 〜賃貸経営で最も多いトラブルとは?〜
アパートを建設するときに異なる間取りが混在するプランになることがあります。容積率を消化するための、いわば“苦肉の策”ですが、これが思わぬトラブルを巻き起こすことも。 自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が、賃貸経営にまつわるトラブルを解説します。
「サブリース契約」の本当にコワいところ 〜オーナーの自由が奪われ続けるワケ〜
投資用ワンルームに関するご相談が増えています。購入を失敗と考えて売却を検討する人も多いのですが、その時「サブリース契約」が大きな障害となることがあります。「大家を守る」と謳われているサブリースが、なぜ大家の敵となるのか。 自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。
不動産投資に向いている人とは? 〜現役大家FPが語る“成功する大家の条件”〜
「不動産投資に向いている人ってどんな人ですか?」  自ら賃貸経営を行う 「“お金の相談”の専門家」ファイナンシャルプランナー(FP)である私は、よくこんな質問を受けます。不動産投資は有効な運用方法の一つですが、全ての人にとってベストな選択肢とは限りません。賃貸経営に適した人とはどんな人なのか。“現役大家FP”が解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール/ご挨拶 料金体系について 面談場所について ご相談事例 お客様の声